スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<南アW杯>いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)

 【ブルームフォンテーン(南アフリカ)安高晋】2大会ぶりの勝利に向け、いざ初戦。サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、日本代表は14日午後4時(日本時間午後11時)、カメルーン代表と対戦する。日本人サポーターも初戦の開催地に続々と集結している。治安情勢に対する懸念もあり、旅行会社のツアー参加者はやや低調だ。それでも駆けつけた熱心なサポーターは「おれたちが盛り上げる」とスタンドをニッポンコールで包む意気込みだ。

 東京都江東区の会社員、福本智之さん(42)は開幕した11日、ケープタウンでフランス-ウルグアイ戦を観戦してから、初戦の地・ブルームフォンテーンに到着した。「開幕日は国を挙げての盛り上がりが伝わってきて、4年前のドイツW杯よりもすごかった。心配していた治安も今のところ気にならない。日本の前評判は高くないが、善戦を期待している」と笑顔で話した。

 港区の会社員、中居英治さん(46)と妻真弓さん(24)はマレーシアで飛行機を乗り継ぎ、約30時間掛けてようやくたどり着いた。日本代表と同じサムライブルーのシャツを着て「韓国も初戦に勝った。日本だってやれる」とエールを送った。

 一方、カメルーンのサポーターの姿も徐々に増えている。対戦前日の13日、代表選手の到着を見ようと近くの空港に約50人が集まった。赤、緑、黄の国旗を振って選手を出迎えたリチャード・アンダウさん(36)は「日本はグッドチームだけど、我々はベリーグッドチーム。FWエトーが決めて2-1で勝つよ」と顔を紅潮させた。

【関連ニュース】
南アW杯:強い気持ちで…いよいよ今夜、日本出番
南アW杯:岡田監督「やるべきことやってきた」…今夜初戦
南アW杯:日本と意外なかかわり…1次リーグ開催3都市
南アW杯:鈴なり応援絵馬 愛知・白山宮
社説:サッカーW杯 世界共通語を楽しもう

玄葉光一郎政調会長会見詳報(1)(産経新聞)
<掘り出しニュース>330人で「トトロ」5分間口笛演奏、ギネスに(毎日新聞)
はやぶさ 「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
「犯情は悪質。懲役2年を…」検察官の言葉に表情変えぬベスーン被告(産経新聞)
はやぶさ カプセル輝きながら地球帰還…発光現象撮影(毎日新聞)
スポンサーサイト

<痴漢容疑>警視庁警部補を不起訴 容疑不十分で…千葉地検(毎日新聞)

 JR常磐線内で3月末、女性の体を触ったとして千葉県警に県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕された警視庁組織犯罪対策4課の男性警部補(48)について、千葉地検は31日、容疑不十分で不起訴にしたと発表した。

 県警柏署によると、警部補は3月29日午後11時10分ごろ、常磐線の松戸-柏間を走行していた車内で、茨城県取手市の国家公務員の女性(51)の後ろに立ち、スカートの上から体を触ったとして逮捕された。警部補は「ひじが当たっただけだ」と容疑を否認していたという。【駒木智一】

【関連ニュース】
児童買春容疑:中学教諭を逮捕 秋田
強盗強姦:裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁
わいせつ:逮捕の警部補、捜査資料を悪用か 新潟
裁判員裁判:強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避
性犯罪:市民団体が裁判員制度評価「プライバシー配慮を」

小鳩退陣のおかげ…横浜市議補選勝利で民主陣営(産経新聞)
<山岳遭難>千葉県浦安市の男性と連絡取れず 北アルプス(毎日新聞)
岩手、宮城で震度3(時事通信)
<鳩山首相辞任>自民、参院選への影響見極める構え(毎日新聞)
菅氏に投票=長妻厚労相(時事通信)

口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)

 九州地方知事会(会長・広瀬勝貞大分県知事)は26日、口蹄疫(こうていえき)対策の強化・充実について、農林水産省と総務省に要望した。会長の代理として蒲島郁夫熊本県知事が上京し、文書を提出した。

 要望は▽殺処分家畜の埋却地確保など、特例法制定も含め、万全な防疫対策を講じ、早期終息を図る▽感染源・経路を特定し感染予防手段を確立▽防疫に協力した農家の経営再建に必要な経費の全額を措置▽種牛、種豚を保護する取り組みへの支援--など。

 今回の口蹄疫をめぐる同知事会の要望は2回目。郡司彰副農相に要望した後、蒲島知事は記者団に「九州は日本の約3割の畜産生産量がある。九州全体に口蹄疫が拡散すると日本の食料政策に大変な影響がある。(副農相は)要望には前向きに対応してくれた」と答えた。【佐藤浩】

【関連ニュース】
自民党:赤松農相の不信任決議案を提出へ 口蹄疫問題で
口蹄疫:「対策法案」自民と公明が提出
口蹄疫:家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り
口蹄疫:「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難
口蹄疫:農水省が種牛候補を提供の用意 宮崎県の要請で

お台場でTOKYOウオーク(産経新聞)
<タクシー火災>男性の死因は焼死 神奈川県警が発表(毎日新聞)
口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
<裁判員制度>施行1年 千葉法相「理念が定着しつつある」(毎日新聞)
車両燃え、男性死亡=タクシー運転手か―神奈川(時事通信)

新人キャリアも心中さまざま=政治主導の幹部人事に―人事院アンケート(時事通信)

 「柔軟な人事に期待」「不安も…」―。人事院が今春採用された中央省庁の幹部候補である新人キャリアを対象に行ったアンケート調査で、政府が掲げる政治主導による一元的な幹部人事管理に対する複雑な思いが明らかになった。「期待できる」など肯定的な評価がほぼ半数に達する一方、「不安がある」との意見も約16%に上った。また、「関心はない」とのクールな声も3分の1を占めた。
 調査は、幹部候補と位置付けられる国家公務員I種などの新規採用者686人を対象として4月上旬に実施。17日に結果を公表した。回収率は99.6%。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「国家公務員の政治的行為の制限」
自民公約原案骨子
採用半減、閣議決定先送り=国家公務員、一部府省から異論
局部長にも専門スタッフ職=国家公務員の退職管理方針
政府統計、23業務を廃止=335を240に統合

産直市場・レストラン・洋菓子の複合施設 15日に出雲市にオープン(産経新聞)
<中部国際空港>プラグインハイブリッド車を国内空港で初導入(毎日新聞)
<宮中晩さん会>カンボジア国王迎え、皇居で 140人出席(毎日新聞)
<掘り出しニュース>北海道で高齢者がオリジナル映画4作目 崔洋一監督が全面協力(毎日新聞)
<もんじゅ>排気モニター故障で警報 環境には影響なし(毎日新聞)

<死体遺棄>空き家に女性遺体 静岡・御殿場(毎日新聞)

 5日午前9時50分ごろ、静岡県御殿場市萩原の空き家で、青いビニールシートに包まれた遺体が物置から見つかった。遺体は同県伊豆の国市中、職業不詳、久松紘子さん(26)で、家族が捜索願を出していた。県警は死体遺棄事件として捜査本部を設置し、6日午前、久松さんが元夫(43)と同居していた同県清水町のマンションで容疑者不詳のまま家宅捜索を始めた。この元夫が事情を知っているとみて近く、聴取する方針。

 捜査本部によると、遺体は物置の床に寝かされた状態で、シートは端の数カ所を粘着テープで留めてあった。死後かなり時間がたっていたが目立った外傷はなく、6日に司法解剖して死因を調べる。

 捜査関係者らによると、久松さんは元夫と婚姻関係にあった昨秋ごろから一時、清水町のマンションで生活していたという。一方、伊豆の国市の実家では両親と子ども2人とともにいたが「2月23日から戻らない」と母親が3月26日、県警大仁署に捜索願を出していた。マンション近所の住民らによると、久松さんは二つの家を行き来していたらしい。

 遺体が見つかった空き家は先月25日まで、元夫の前妻の女性(42)と子ども2人が住んでいた。元夫は同月、県警沼津署に詐欺容疑で逮捕、起訴されていた。

【山田毅、田口雅士、平塚雄太】

【関連ニュース】
死体遺棄:竹林から男性の白骨 川崎
遺体発見:車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野
金沢切断遺体:韓国・済州島出身の女性と断定
スーツケース遺体:男が出頭、関与ほのめかす…石川県警
死体遺棄:袋に女性遺体--大阪・高槻

<掘り出しニュース>テギュンバーガー大人気 ホームランで52食限定50円(毎日新聞)
NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
介護者の悩み聞くボランティアを育成へ(医療介護CBニュース)
米軍訓練の分散移転へ調整=10日に閣僚会議(時事通信)
プロフィール

くまざわじゅんいちさん

Author:くまざわじゅんいちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。